ニュース✉️

ありがとうって伝えたくて🍎

今季の復興りんごですが、本日2月8日に完売することができました。ずっと応援してくださった方、ご購入いただいている方、心あたたかなお声をかけてくれた方、関わりのあったすべての皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

ご存知のこともあると思いますが、被災から今までについてお話させていただきます。もしよければ最後まで読んでもらい、キタイチ果樹園のことを知ってもらえると嬉しいです。

2019年10月の台風19号の豪雨により、長野県の千曲川堤防が決壊。私の実家と両親が営むりんご農園「キタイチ果樹園」は、決壊地点から1kmにありました。実家の住居と畑は、約2mも浸水し被災。全壊になった家はまだ改築中で完成の目処は立っていませんが、昨年の夏頃から住めるようになりました。

被災時に私は、東京を拠点に上場企業やスタートアップ企業の新規事業を支援する会社の経営をしていましたが、すぐに長野に拠点をうつし事業も縮小。実家のことを最優先に、復旧活動に尽くしました。長野市長沼地区の水害は甚大で、住居のほとんどが浸水し半壊・全壊。農家が多いこの地域の農地は壊滅的な状態でした。北澤家の作業小屋や住居の1階や地上にあった車・軽トラック・農機具・生活用品・思い出のつまったものなど、泥水にかぶったものを廃棄せざるをえませんでした。

復興活動は、自分にできることを常に考え行動に。泥のかき出しからはじまり、途方もない作業でした。2020年1~2月には、台風被害に遭わずに落ちなかったりんごを販売、20年10~2月には、台風被害を乗り越え無事にたわわに実ったりんごを販売。今季の品種は3つで、昨季販売した「ふじ」に加えて「紅玉」と「王林」を産地直送。2シーズン連続でご注文いただいた方、3品種すべて食べてもらった方、リピートしていただいた方もたくさんおられるくらい、ご好評いただけました。

皆さんにはSNSで、#キタイチ果樹園 や私のアカウントをタグ付けして、嬉しい声を投稿してもらっています。DM、お手紙、お電話にいたるまで心あたたまる応援に、いつも励ましてもらいました。おかげさまでテレビなどメディア取材の依頼をいただき、被災状況や我が家のことをご丁寧に特集になることも。優しいりんごの輪はとてもありがたいことで、ご家族・ご友人・ご近所・職場などの大切な方へのお裾分けに、お歳暮・お年賀・結婚・出産祝いなどへの贈り物ギフトにも選んでいただけました。多くの方々にりんごを楽しみながら食べてもらえて、喜びを分かち合っていただけたことを心から嬉しく思っています。

最後にはなりますが、私たちの力の源泉は皆さんとの繋がりでした。これからもこのご縁を大切にしたいと思っており、皆さんからのメッセージをこだわりの“ものづくり”と“体験づくり”に最大限に反映させていきたいと考えています。もしよければLINE公式アカウントを開設しましたので、友だちになれたらと思います。来シーズンの予約販売やりんごのレシピなど特別な情報をいち早くお届けさせていただきます。ご質問・コラボ依頼など、なにかございましたらお気軽にご連絡をもらえたら幸いです。

これからも皆さんに喜んでいただけるよう、美味しいりんご作りに勤しんでいきますので、キタイチ果樹園を何卒よろしくお願いします。今シーズンも復興りんごの販売にお力添えいただきまして、本当にありがとうございました。

下記のURLから友だち登録をすると
→来シーズンの予約販売をいち早くお届け🍎
→コラボ商品など期間限定の情報をお伝え🔔
→被災地や生産している野菜・果物を発信👨‍🌾

▼ LINE公式アカウント
https://line.me/R/ti/p/@kitaichikajyuen

- - - - - キタイチ果樹園 家族一同より- - - - -